眠れない子をなんとかしてあげたい

眠るためには心と体が落ち着き、副交感神経優位の休息状態になっている必要があります。

なかなか寝付けずツライ思いをしている子をなんとかしてあげたい。
リラックスできる空間づくり、アロマをたいてみたり就寝前にカモミールティを入れてあげたり・・・

それでもなかなか寝付けない日が続いたり、日中の活動に支障をきたすようなときは、リラックス成分が取れるサプリやドリンクを試してみるのも1つの方法です。

子供に「安眠サプリ」がおすすめなワケ

睡眠薬は子供に使いたくない?

眠れない日が続く子を見て、「睡眠薬」の使用を考えたことがあるお父さん・お母さんもいるかもしれません。
でも、「睡眠薬はクセになる」「量を増やさないといけなくなる」などといった噂を耳にしたことがあり、使用を躊躇したのではないでしょうか?

睡眠薬に限ったことではありませんが、医薬品は体の機能に変化を与えるものです。
体には急劇な変化を嫌い現状を維持しようとする働きが備わっています。
薬を飲むことで体をいい方向へと向けてくれる反面、副作用などの心配もついてまわります。

現在、主に利用されている睡眠薬には頭重感や倦怠感、ふらつき、脱力感などの副作用があります。
もちろん、お医者様の指示に従い、正しい利用をするのは前提条件です。

しかし、なかには病院に足を運ぶのを嫌がる子もいることでしょう。
成長期にある子供のメンタルは敏感であり、頑固であることも少なくありません。

休息成分を補えるサプリは妊婦さんや授乳中でも飲めるほど低刺激のものもあります。
半ば無理やり病院に連れて行き、効果の強い睡眠薬を使ってみる前に、休息成分をサプリメントで摂ってみるという方法を試してみてはいかがでしょうか。

不眠・寝付けない子が試したい おすすめのサプリメント

  1. 北の大地の夢しずく

    北の大地の夢しずく

    価格 4.0
    成分 4.0
    品質 4.5
    単品価格:
    3,790円(税別)
    定期価格:
    3,411円(税別)
    容量:
    30本

    北海道産アスパラガス抽出の休息成分のサプリメント。
    アスパラガスが持っている、人間の休息成分を誘発する成分をサプリに閉じ込めました。
    自然由来の成分で製造されていますので、薬とは違い依存性や起床後への持ち越しなど、体への負荷となる副作用がなく、安心して続けられるのも特徴です。
    お子様はもちろん、妊娠中、授乳中も飲める安心のサプリメントです。

    錠剤を飲むのに抵抗がある人も人気のグレープフルーツ味のドリンクタイプです。

    北の大地の夢しずく 詳細を見る

  2. マインドガードDX

    マインドガードDX

    価格 3.5
    成分 4.5
    品質 5.0
    価格:
    初回 6,810円(税込)
    容量:
    500ml

    休息ハーブ「モリンダシトリフォリア(ノニ)」をベースにギャバとレスベラトロールを使用したドリンクタイプのサプリメントです。
    質の良い休息には欠かせないトリプトファンと、その働きをサポートする必須アミノ酸を同時に摂ることができます。
    こちらも妊婦さんでも安心して続けられる品質です。

    マインドガードDX 詳細を見る

  3. 潤睡ハーブ

    潤睡ハーブ

    価格 5.0
    成分 4.5
    品質 4.0
    通常価格:
    5,980円(税込)
    定期価格:
    初回 1,980円(税込)
    容量:
    90粒

    良質なクロレラのアミノ酸やギャバに加え厳選したハーブ成分をブレンドした錠剤タイプのサプリメントです。
    アミノ酸とそれをサポートする成分がバランスよく摂れ、口コミで瞬く間に広がった話題の商品です。

    使用した後でも、初めての場合は10日間の返金保証付きなのも安心です。

睡眠薬は副作用が心配・・・不眠の子供にはサプリがおすすめ

成長期の子供の不眠が増加傾向にあります。
友達や先生との対人関係、受験や勉強についていけないことによるストレス、ゲームやスマホの普及により脳が興奮状態にあることなどが原因として挙げられますが、眠れない原因は様々な要因が複雑に絡み合っていることも多く、親御さんの悩みの種でもあります。
睡眠は食事とともに健康を維持し、成長を促進させるのには大切な要素です。
しかし、睡眠薬の利用は副作用が心配でもありますから、親としてはできるだけ自然な形でぐっすり眠らせてあげたいものです。
夜眠れなければ、学校に行っても勉強に身がはいらず、ぼーっとしてしまうことも増えるでしょう。夜は眠れないのに昼間はうつらうつらとしてしまったり、集中力が低下してしまいます。
また、朝の目覚めが悪く、朝食を摂れないなど、悪循環になってしまいがちです。
睡眠薬の場合、副作用として、薬を使わないと眠れなくなる、いわゆる依存症であったり、めまいやふらつき、不快感などが伴うことがあります。
できれば寝る前に自然にリラックスモードにしてあげるのが良いでしょう。
たとえば、お風呂の時間。夕食前などの早めの時間に入っている場合は、寝る前にお風呂に入るようにしてみるのも1つの方法です。
お風呂に入ると体が一旦温まります。その体温が下がると同時に体がゆったりモードになります。のぼせるほどお風呂に浸かるのは逆効果ですが、お風呂から上がって、ちょっとリラックスする時間を過ごしてからお布団に入るのがベストです。
柔らかい手触りの毛布やシーツにしてあげるのもおすすめです。
それでも眠れない場合は、副作用の心配がない睡眠をサポートしてくれるサプリメントなどを利用してみましょう。