乳酸菌も摂れる青汁

野菜の粉末である青汁にはビタミン・ミネラルだけでなく、食物繊維がたっぷり含まられています。
食物繊維といえば「おなかの健康をサポートしてくれる」というイメージがありますが、これは食物繊維が腸内の乳酸菌やビフィズス菌のエサとなるから。そのため乳酸菌は食物繊維を同時に摂るのが理想的です。

腸の健康はお通じだけでなく免疫力や精神面にも影響があることが最近の研究でわかってきています。
お腹が弱かったり便秘だったりする子は心身の健康のためにも乳酸菌や食物繊維を意識的に摂るのがおすすめです。

乳酸菌のはたらきをおさらいしてみましょう

私たちのお腹(腸)の中にはたくさんの腸内細菌が棲んでいます。
その数はなんと100兆個!人間のカラダが約60兆個の細胞ででいていることから考えてもその数の多さがお分かりかと思います。

腸には100兆個の微生物が棲んでいます

腸内細菌は大きく分けて「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3グループに分けられます。
体に良いはたらきをする善玉菌と悪い作用をする悪玉菌、そして状況によってどちらにもなり得る日和見菌です。

これらは腸の中でまるでお花畑のように群生しています。ギリシャ語のお花畑を意味する「フローラ」から腸内フローラと呼ばれています。

善玉菌・日和見菌・悪玉菌のバランスは2:7:1が理想と言われていますが、体質や食生活などの生活習慣、そして年齢などの影響により腸内フローラのバランスが崩れてしまうとお通じや免疫力に影響があるほか、肌トラブルやストレス、肥満、生活習慣病などにもお腹の状態が大きく関わってきます。

乳酸菌はどのぐらい摂ればいいの?

非常に多くの菌が棲んでいるおなかの中ですが、実は、うんちの約60%は腸内細菌の死骸です。

お腹の中の菌は日々入れ替わっていますから、善玉菌優位の状態を保つためにはできるだけ多くの乳酸菌やビフィズス菌を毎日続けて摂るのがベスト。
市販の乳酸菌飲料などを見ると、「40億個の乳酸菌」などと書いてあり、「こんなに摂ってもいいの?」と感じたことがある方もいるかもしれませんが、腸内に棲む菌の数は100兆個。
胃酸で死滅してしまったり、環境に合わず排出されてしまう菌も多いことを考えると、10億個よりも20億個、20億個よりも100億個と少しでも多くの善玉菌を毎日続けることが大切というわけです。

腸内フローラを整えて健康!

また腸内フローラを常に良い状態に保つためには善玉菌を日々摂取するとともに、善玉菌の棲みやすい環境を作ってあげることが大切です。
そのキーワードが「食物繊維」。胃で消化されにくい食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなり、良い環境に整えてくれるほか、水を吸って膨らむためお通じを促してくれます。

うんちでわかる!腸内フローラの状態をチェック!

では、今のご自分やお子さんの腸内フローラの状態がどうなのか?
腸を見ることはできませんが、お通じの状態で腸内フローラの様子をある程度判断することができます。

うんちの色・形、どれが一番近いですか?
あなたのうんちはどれに近い?

上の表であなたやお子さんのうんちの状態に近いものを選んでみましょう。
点数が高いものであればあるほど理想的な腸内フローラと言えます。
点数が書いていないものに近い場合は腸内フローラの改善が必要です。

また、下記のチェックリストに当てはまる個数が多ければ多いほど腸内環境が理想に近いと言えます。

  • 毎日、もしくは1日置きにはお通じがある
  • 3分以内にお通じが済む
  • 毎日ほぼ同じ時間にお通じがある
  • お通じの後、トイレはあまりにおわない
  • 下痢はあまりしない。(年数回程度)

腸内フローラの状態を良いものにしていくためには、食事の習慣をはじめ生活習慣(睡眠・運動・ストレスなど)を見直してみましょう。

青汁で食物繊維と乳酸菌を同時に摂ろう!

「どうせ青汁を飲むのなら、乳酸菌も一緒に摂れるものを選びたい」
そんな方におすすめの乳酸菌も摂れる青汁をピックアップしました。

  1. こどもバナナ青汁

    こどもバナナ青汁

    飲みやすさ 5.0
    アレンジ 40
    栄養 4.0
    通常価格:
    5,940円(税込)
    定期価格:
    初回980円(税込)
    容量:
    3g×30包

    野菜嫌いの子でも大好きなバナナ味のおいしい青汁です。
    国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類に加え、150億個の乳酸菌とビフィズス菌を配合しています。
    さらに、50種類以上の栄養素を含むスーパーフードスピルリナも配合しています。

    人工甘味料を使わず、バナナと黒糖の自然な甘さ。水に溶かすだけでもゴクゴク飲んでくれるちびっこにぴったりの青汁です。

    定期コースは初回が980円、2回目以降は3,880円です。

    こどもバナナ青汁 詳細を見る

  2. 生青汁

    生青汁

    飲みやすさ 4.0
    アレンジ 40
    栄養 4.5
    通常価格:
    3,600円(税別)
    定期価格:
    3,000円(税別)
    容量:
    3g×30包

    家族みんなで飲むのなら生青汁がおすすめ。
    大麦若葉、ケール、明日葉といった栄養豊富な青汁原料に緑茶・ほうじ茶を加えることで飲みやすくなっています。
    また、1杯で201億個以上の乳酸菌と酵素が摂れるのが生青汁の特徴です。

    お子さんにはヨーグルトや牛乳に混ぜて。パパにはお酒に混ぜてあげてもおいしく飲める青汁です。

    6包入りのお試しサイズ(500円)もあります。

    生青汁 詳細を見る

乳酸菌と青汁は相性抜群!善玉菌と食物繊維の関係

人間のおなかの中には実にたくさんの細菌が住み着いています。乳酸菌もそんな細菌の1つ。「善玉菌」と呼ばれ、人体にプラスに働いてくれる細菌です。その反対に、人体に悪影響を及ぼす「悪玉菌」も体内にはたくさん存在し、善玉菌を優位の状態に保つことが健康を維持するためにはとても大切です。
便秘や下痢などのお腹の症状だけでなく、乳酸菌は美肌、メンタル面、ダイエット、そして様々な健康面にもなくてはならない存在だということが最近の研究で明らかになってきました。
そして、そんな乳酸菌のエサになるのが食物繊維です。胃酸ではなかなか消化しきれない食物繊維は腸内に棲む乳酸菌やビフィズス菌の餌となってくれます。
青汁にはビタミンやミネラルといった、美容・健康に欠かせない栄養素がたっぷり含まれていますが、食物繊維も青汁には多く、青汁と乳酸菌を同時に摂取できると、乳酸菌だけを摂取するよりも効率的と言えます。
腸内の細菌の数は約100兆個。人間の体を構成している細胞の数(約60兆個)以上の細菌が住み着き、私たちの体に良くも悪くも影響を与えているのです。
腸内細菌は死滅してしまったり、便とともに排出してしまったりを繰り返し、日々そのバランスは変化しています。
そのため、毎日摂り続けることが大切です。
乳酸菌が入った青汁は毎日続けやすく、効率よく食物繊維と乳酸菌を摂取できるのがメリットです。