青汁を鉄分量で比較

全身に酸素を運び、細胞を活性化させる働きを持つ鉄分。
不足すると疲れやすかったり立ちくらみがしたり顔色が悪くなったりします。

最近では子供の貧血も多く、さらにひどい貧血が続くと成長に支障をきたすこともあるため、成長期の子の食事バランスには気遣いたいものです。
そんな家族の食事バランスを補うためにも青野菜から作られている青汁は家族の健康の味方になってくれます。

鉄分が不足するとどうなる?

鉄分が不足すると、身体に様々な影響を及ぼしそれが症状となってあらわれてきます。
特に成長期の子供の場合は鉄不足が続けば身長・体重にも影響が出てきますから、食事バランスを気遣ってあげましょう。

鉄分不足で起こりやすい症状

  • 疲れやすくなる
  • 顔色が悪くなる
  • 注意力が散漫になる
  • 集中力が続かない
  • 記憶力の低下
  • 持久力の低下
  • 口の中が敏感になる(舌がヒリヒリする・口内炎ができやすい)
  • まぶたの裏が白くなる

さらに鉄分不足が続くと・・・

  • 爪がもろくなったり反り返ったりする
  • 身長・体重の伸びに影響(発達障害)
  • 味覚障害
  • 認知力や記憶力の低下による学習障害

1日に必要な鉄分量はどのぐらい?

食べているつもりでも不足しがちなビタミンやミネラル。
とくに鉄分やカルシウムは不足しがちな栄養素です。

幼児期~小学生「食べる量が少ない」「好き嫌いが多い」「発育が著しい」などの理由から鉄分が不足していることがあります。

また思春期は骨や筋肉の発達が著しく、大人以上の鉄分が必要な時期でもあります。そのため、しっかり鉄分を補っているつもりでも足りていない場合があります。

鉄の食事摂取基準(mg/ 日)

推奨量
(男性)
上限量
(男性)
推奨量
(女性)
月経あり
推奨量
(女性)
月経なし
上限量
(女性)
0~5ヶ月 0.5(※) 0.5(※)
6~11ヶ月 5.0 4.5
1~2歳 4.5 25 4.5 20
3~5歳 5.5 25 5.0 25
6~7歳 6.5 30 6.5 30
8~9歳 8.0 35 8.5 35
10~11歳 10.0 35 10.0 14.0 35
12~14歳 11.5 50 10.0 14.0 50
15~17歳 9.5 50 7.0 10.5 40
18~29歳 7.0 50 6.0 10.5 40
30~49歳 7.5 55 6.5 10.5 40
50~69歳 7.5 50 6.5 10.5 40
70歳~ 7.0 50 6.0 40

○(※)は目安量
○妊娠初期は推奨量が+2.5、妊娠中期・後期は+15.0、授乳婦は+2.5。

青汁で鉄分を補うのならどれがいい?

青汁には鉄分だけでなく、血液を作るために必要な葉酸も含まれています。
また、その他成長に必要なビタミン・ミネラルが豊富です。

1日1~2杯の青汁で、成長期の子供さんの栄養バランスをサポートしてあげましょう。

鉄分補給におすすめの青汁BEST3

  1. 神仙桑抹茶ゴールド

    神仙桑抹茶ゴールド

    鉄分・カルシウムが豊富な「桑の葉」を主原料に、緑茶、シモンを加え、食品添加物を一切使わずに作られています。
    小さな子供や野菜が嫌いな人も飲みやすい、おいしい抹茶味の青汁です。
    糖の吸収をブロックするDNJが含まれる桑の葉の抹茶は、ママのダイエットのお供にもおすすめです。

    鉄:0.74mg、カルシウム:60.83mg、食物繊維:1.14g
    無添加・無農薬(残留農薬検査済)

  2. サンスター粉末青汁

    サンスター 粉末青汁

    他の青汁に比べ、容量が2.5~3倍の10g入ったサンスターの青汁は、各種栄養素が大人以上に必要な思春期や野菜嫌いの人に。
    味にクセがあるため、野菜嫌いの子には様子をみながらあげてみましょう。
    季節変化による数値の変化のため、鉄分量の詳しい記載はありませんがビタミン・ミネラルがバランスよく含まれています。

    鉄:(記載なし)、カルシウム:(記載なし)、食物繊維:3.6g
    無添加・国産

  3. こどもバナナ青汁

    こどもバナナ青汁

    国産の大麦若葉を主原料に、13種類の野菜と6種類のフルーツ、たくさんの原料をブレンドしているため幅広い栄養素を補えます。
    乳酸菌とビフィズス菌が入っており野菜の食物繊維との相性も抜群です。
    サンスターの青汁同様、鉄分量の詳しい記載がないのが残念ですが、野菜が苦手な子や小さな子にも人気のバナナ味。おやつがわりとしてもおすすめです。

    鉄:(記載なし)、カルシウム:(記載なし)、食物繊維:(記載なし)
    保存料・人工甘味料不使用

こちらもおすすめ!

子供にぴったりの青汁ランキング

鉄分が多いのは桑の葉・大麦若葉の青汁

青汁は栄養豊富な青野菜から作られているため、普段の食事で不足しがちな栄養素を補助することができますが、当然、原料野菜の違いによって補給できる栄養素の量も異なってきます。
貧血予防、鉄分補給のために選ぶのであれば、おすすめは「桑の葉」や「大麦若葉」が原料の青汁です。
青汁の原料となる野菜の主なもので鉄分量を比べてみると一目瞭然です。
100gあたりの量で比べた場合、ケールは0.8mg、明日葉は1.0mgなのに対し、大麦若葉が41.6mg、桑の葉は44mgの鉄分を含んでいます。
また、桑の葉はカルシウムやビタミンE、ビタミンCなども多く、育ち盛りの子供のおやつがわりにできるほどおいしいため、家族みんなが飲める青汁として人気があります。
大麦若葉は原料の葉の成長が早いため、比較的安価で購入できるものも多いですが、味に独特のクセがあり、青臭さに敏感な方やちびっこは抵抗を感じてしまうこともあります。
特に子供に初めて青汁を飲ませる場合は、「おいしい」と感じてもらうことが大切です。桑の葉の青汁は抹茶のように飲みやすく、水で溶いただけでもお茶のように飲むことができますが、牛乳に溶かしてあげることで、抹茶ミルクのようになり、子供でも飲みやすくなりますし、カルシウムをプラスすることができます。
夏場などは牛乳を軽く火にかけてお砂糖を溶かし、そこに神仙桑抹茶ゴールドを混ぜて製氷皿などで凍らすと、美味しいアイスキャンディーができます。無添加のアイスキャンディーが簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。